赤磐市立吉井中学校

1学期始業式(4月8日)
 
平成31年度(令和元年度)のスタートである1学期始業式。2・3年生だけの43人と、ちょっと寂しい人数でしたが、「さあ、やるぞ!」という意欲に満ちた式でした。今年の目標は、「吉井ブランドの充実・発展」。なかでも、「聴く力」のレベルアップを図ること。さあ、1年間がんばりましょう!




退任式(4月9日)
 5人の新しい先生方をお迎えしてスタートした平成31年度(令和元年度)ですが、それは同時に、本校に長年お勤めいただいた先生をお送りしなければならないことでもあります。退任される先生から「自分が勤めている学校にも『吉井ブランド』が響き渡るようにがんばれ」との温かいお言葉をいただきました。お世話になった先生への恩返しは、「吉井ブランドの充実・発展」ですね!



新入生オリエンテーション(4月12日)
 生徒会が主催する「新入生オリエンテーション」が12日に行われました。
 まず、生徒会中央役員が生徒会活動について説明を行い、各専門委員会が画像を用いて活動内容を紹介しました。続く部活動紹介では、各部が趣向を凝らしたPRを行い、新入生を勧誘しました。
 1年生のみなさん、どの専門委員・部に入りますか?



城山公園まつり(4月14日)
 昨年に続き、今年も城山公園まつりに生徒会が参加させていただきました。昨年度から実行委員として計画・準備に参画し、当日はポップコーンと綿あめの屋台を出店しました。当日はあいにくの雨空でしたが、着ぐるみを着用した校長先生と生徒会役員の呼びかけで、昨年度より多くの来店者がありました。「中学生が頑張っとんじゃな」というお客様からの声は、本当にうれしかったです。また、卒業生も手伝ってくれて、本当に心強かったです。
 吉井地域の皆様、本当にありがとうございました。


第1回参観日(4月20日)
 4月20日(土)は、本年度第1回目の参観日でした。この日は、午後から授業参観・PTA総会・学級懇談会・部活動懇談会と盛りだくさんの内容でしたが、多くの保護者のみなさまにご来校いただきました。
 参観授業は、学級担任の教科の授業でした。どの授業も、生徒の話し合い活動を取り入れ、主体的な学習となるよう工夫されたものでした。今後もこのような授業をどんどん展開していきます。
 次回の参観日は、6月21日(金)の自由参観です。



プール掃除(6月10日)
 梅雨入りを間近に控えた6月10日。本年1月に竣工したプールの掃除を全校生徒で行いました。完成したばかりとは言え、防火用水を半年間張っていたため、結構な汚れ具合でした。各学年1時間ずつ、プール槽・プールサイド・更衣室・トイレの各箇所を一生懸命掃除しました。6月下旬のプール開きが待てないのか、思い切り水を浴びる生徒もいました。
 なお、市主催の「プール開所式」を6月24日(月)10:00から本校プールで行います。




生徒総会(6月12日)
 本年度前期生徒総会が6月12日に開かれました。生徒会中央役員・各専門委員長から、これまでの半年間の活動を振り返り、残った任期の活動方針が報告されました。これに対して、事前検討を行った各学級の代表から質問・意見がたくさん出されました。自分たちの学校・生活を、自分たちの手で良くしていこうという生徒たちの思いが伝わってくる生徒総会でした。
 さあ、みんなで「吉井ブランド」を目指してがんばろう!!




吹奏楽部中庭コンサート(6月13日)
 今週末(6月16日)に行われる県吹奏楽祭に出演する吹奏楽部の壮行会を兼ねて、「吹奏楽部中庭コンサート」が6月13日の昼休みに行われました。普段、吹奏楽部の練習の音はよく耳にしていますが、部員全員がそろって演奏している姿を見る機会はあまりないせいもあり、演奏・パフォーマンスに釘付けになりました。そして、コンサート終了時には拍手大喝采でした。きれいな青空の下、とても素敵な時間を全校で過ごすことができました。吹奏楽祭も頑張れ!



プール開所式(6月24日)
 昨年度4月に着工し、今年1月に竣工したプールの供用を始めるに際し、赤磐市長様をはじめとするご来賓多数をお迎えして、6月24日に「プール開所式」を行いました。
 遅い梅雨入り前の晴天の下、赤磐市長様・赤磐市議会議長様・赤磐市教育委員会教育長様よりご祝辞を賜った後、生徒会長が謝辞を述べました。そして、校長が安全を祈願して開所式を閉じました。
 開所式に続き、泳ぎ初めとして、生徒代表と教員代表、そして国体選手(専門は中距離)である城南小学校の先生とによる100mリレーを行いました。(もちろん、城南小学校の先生は一人で泳ぎました。)時間差スタートを行うハンディキャップレースでしたが、3年女子チームがスタートからゴールまでトップを譲らず見事に優勝!会場は選手を応援する声で大変盛り上がりました。それにしても水泳をずっと続けてこられた城南小学校の先生のフォームは見事でした。新しくできたプールでしっかり泳いで、泳力を身につけてほしいです。







中学生だっぴ(8月28日)
 夏休み最終週の8月28日(*土曜授業扱い)に、赤磐市・NPO法人だっぴのご協力を得て、「中学生だっぴ」を行いました。「だっぴ」の目的は、多様な人との対話・自己表現を通して、自信を高めたり、勤労・職業・人生に対する視野を広げたりすることで、まさに「今の自分」からの脱皮をめざすものです。
 今回は、赤磐市在住・在勤の「おとな」(職種・経歴・年齢は様々)と県内の「大学生」と本校の全校「生徒」を17のグループに分けて、トークセッションを行いました。トークテーマは、「流れ星に願うこと」「自分ってオトナ(コドモ)だなぁと思う時」などのアイスブレーキング的な内容ものや、「自分で大切にしている言葉」「自分で自分を褒めたいこと」「何かを決めるときに大切にしていること」「10年後どんな自分になっていたい?」などの生き方に関わるような内容のものでした。生徒たちは、初めのうちは緊張もあってなかなか思うように話すことができませんでしたが、キャスト役の大学生のリードもあって、後半ではしっかりと自分の考えを話すことができていました。また、話すことが苦手な生徒も、他者(大人や大学生)の話をうなずきながらしっかり聞いていました。笑顔あふれるとても素敵な時間でした。
 この体験を一つのヒントにして、自分の進路(生きていく道)をしっかり考えていきましょう!ご協力いただいたすべてのみなさま、本当にありがとうございました。





2学期始業式(9月2日)
 2学期が始まりました。
 始業式では、校長先生から、「夏休み中に多くの生徒がボランティア活動に取り組み、地域の方々から感謝の言葉をいただいた」こと、「人の話を真剣に聴くことは相手の心を大切にすること。2学期もしっかりと話を聴ける生徒になって欲しい」旨のお話がありました。引き続き、生徒会長からは10月5日に開催される文化祭に向けて学校一丸になって頑張っていこうと呼びかけがありました。最後に校歌と愛唱歌「越えてゆけ」を歌って2学期のスタート切りました。
 さあ、2学期も「吉井ブランド」をめざして頑張ろう!!




瀬戸高校出前授業(9月13日)
 瀬戸高等学校より乙部校長先生をお迎えして、講話と授業をしていただきました。
 『高校の学びとは』と題した講話では、2・3年生の生徒に、これからの社会で必要な力(創造力・コミュニケーション能力・チャレンジ精神)を念頭に、「キャリア意識」(どんな自分になりたいのかという明確な意思)の重要性を語っていただきました。そして、「キャリア意識」は教えて身につくものではなく、社会の中で体験したり活動したりすることを通して形成されるとの考えのもと、瀬戸高校で実践されている「総合的な探究の時間」の取組(「セト☆ラボ→S☆ラボ→D☆ラボ)を紹介してくださいました。


 その後、3年教室で理科の授業をしていただきました。学習課題は、「入道雲はどうしてできるのか?」。この課題に迫るために、各グループに「空気が冷やされるとなぜ水ができるの?」「空気はどんなときに上昇し、雲をつくるのか?」「空気が上昇するとどうなるのか?」の3つの課題を与え、知識構成型ジグソー法で生徒たちが自ら「解」に近づいていきました。各グループが導き出した「解」は、いわゆる模範解答ではありませんでしたが、生徒たちが自分で知識を再構成し、自分の言葉で紡ぎ出した「納得解」でした。授業後の生徒たちの振り返りシートには、考えることの楽しさ、伝え合うことの心地良さが綴られていました。




合唱練習
 10月5日に行われる文化祭での合唱コンクールに向けて練習が始まりました。今年は、体育会のチーム(縦割り2チーム)で合唱を行い、最優秀をめざして競います。各チームに分かれて、3年生を中心に課題曲の『君へ』(弓削田健介 詞・曲)を一生懸命練習しています。全体合唱曲『越えてゆけ』(弓削田健介  
 詞・曲)と合わせて、文化祭当日、どんな歌声を響かせてくれるかとても楽しみです。